胸板を厚くするには、胸の筋肥大が必要です。

筋トレで、筋力をつけても筋肉は大きくなりません。

胸板は厚くするには、筋肥大するトレーニングが必要なのです。

そこで、胸を筋肥大させ、胸板を厚くする究極のやり方についてお話します。


<目次>

・胸板を厚くする筋トレで胸を筋肥大させるには?

・胸を筋肥大させる究極の筋トレのやり方!

・胸板を厚くする筋肉増強サプリ!これで筋肥大させる!!

胸を筋肥大させ胸板を厚くする方法!

筋肉は、何となくトレーニングしていても、簡単に肥大しません。

筋肉を肥大化さすには、筋肥大の仕組みを知り、正しい鍛え方と、正しい栄養素の摂取が必要です。

そこで、胸を筋肥大させるにはどうすればいいのかお話します。

まず、トレーニングメニューのやり方です。

1.筋肉に最大筋力の70%程度の負荷をかける

2.3セット以上実施する

3.セット間休憩は1分程度にする

このやり方を実践することで、効果的に筋肉を肥大化させます。

 

次に栄養です。

一番重要な栄養素は、言うまでもなくタンパク質です。

食事から摂取するのがいいですが、サプリメントの活用もオススメです。

オススメのサプリメントこちら >>

 

注意したいのは、栄養の摂取量です。

とりすぎても駄目ですし、少なすぎても駄目です。

目指す筋肥大の程度に合わせて摂ることが良いでしょう。

では次の項で、胸を筋肥大させる究極の筋トレのやり方を紹介します。

胸を筋肥大させる究極の筋トレのやり方!

胸を筋肥大させる究極の筋トレのやり方を紹介します。

まず1つは「チェストプレス」です。

「チェストプレスの動画」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

【チェストプレスのやり方】

1.イスに座って背もたれに体をつけます。
2.グリップは胸の高さで握ります。
3.息を吐きながら体を固定して押し出します。
4.息を吐きながら、ゆっくり戻します。

常に肩甲骨を寄せ、胸を張っておくようにします。

マシンによって違いがありますが、最大で15回できる負荷重量を探します。

8~12回で1セットとする

3~5セット行い、各セット間のインターバルは60秒。

 

【チェストプレスのやり方のコツ】
・イスの高さはグリップが胸のトップの位置になるようにセットします。
・肩甲骨を中央に寄せて、胸を張った状態を維持します。
・肩も前に出ないように背もたれにつけるイメージで行います。
・ひじは伸ばしきらず、戻す際も力を抜かないで負荷を感じて行います。

 


2つ目は、「バタフライ」です。

「バタフライの動画」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【バタフライのやり方】

1.バタフライマシンの高さとパッドの位置を調整
2.パッドに前腕を当ててグリップを持つ
3.体を背もたれにつけたまま両肘を近づけていく
4.真ん中あたりでパッドが触れるくらいまで胸を絞り上げる
5.ゆっくりと戻していく

初心者の人はストレッチを意識しながらゆっくりと10回3セット行いましょう。

まずは自分がどの程度胸を開けるのか確認してください。それ以上はやる必要はありません。

 

【バタフライのコツ】

・戻す時はできる限りゆっくりと戻す
・パッドがない場合は若干肘を曲げて状態で行う
・辛くなっても背中を背もたれから離さない
・戻した時に胸があまりにも開きすぎると怪我の原因になるので注意する
・完全に元に戻さない

胸板を厚くする筋肉増強サプリ!これで筋肥大させる!!

胸板を厚くする筋肉増強サプリでオススメなのが「ビルドメイク24」です。

「ビルドメイク24」は、栄養をバランスよく補給し、それぞれの身体に合わせた筋肉を合成させます。

その、合成した筋肉の破壊を防ぎ、さらに、理想の身体に不要な脂肪を燃焼させます。

また、運動機能を高め、最高で最強な身体づくりを最短で実現するよう、最適なバランスで配合されています。

もっと詳しく「ビルドメイク24」について知りたいなら!

こちら→「なぜビルドメイク24は効率よく胸板の筋肉を厚くするのか?」





このページの先頭へ